レスパイト型小規模デイの生き残り策~会員限定~

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

レスパイト型の小規模デイは、介護保険法や介護報酬の改定により次のような影響を受けます。

  1. 地域密着型へ移行
  2. 利用者の地域制限(他の市町村をまたぐご利用者の利用不可)
  3. レスパイト型の介護報酬の減額
  4. 地域密着型の新報酬体系の創設により報酬の減額

このようにレスパイト型の小規模デイは、介護保険法や介護報酬の改定により大きな影響を受け、会社の存続をかけた生き残り策を考えなければなりません。

そこで、レスパイト型の小規模デイの生き残り策として、一つのビジネスモデルを考案しました。

松本会計事務所の会員様に限定して、そのビジネスモデルをご紹介します。

会員登録された方は、「続きを読む」をクリックしてください。

続きをご覧になるには、申し訳ありませんが会員登録が必要です。

会員の条件は、松本会計事務所の顧問先様または予定の方です。

会員登録




松本昌晴税理士事務所
大阪の税理士
a:2557 t:1 y:0

松本会計メルマガ登録

下記のすべてをご入力いただき、「確認」ボタンを押してください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です