平成30年度介護報酬改定における「短時間リハビリテーション実施時の面積要件等の緩和」

クリックして下さい。
     ↓↓↓
画像の説明

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

平成30年度介護報酬改定の基本的な考え方の一つに「地域包括ケアシステムの推進」があります。

今回は「地域包括ケアシステムの推進」のために、平成30年度介護報酬改定において織り込まれた「短時間リハビリテーション実施時の面積要件等の緩和」についてご紹介します。

平成30年度介護報酬改定の基本的な考え方

画像の説明

医療保険と介護保険のリハビリテーションの円滑な移行を推進

介護保険の適用の方が、医療保険でリハを行っているという現状があり、介護保険のリハビリテーションへの移行が困難な理由を踏まえて、施設基準のうち、面積、人員、器具を共有できるように改定が行われます。

具体的には次のとおりです。

画像の説明

出典:第150回社会保障審議会介護給付費分科会資料

(ご参考)医療保険から介護保険へのリハビリテーション移行

画像の説明

出典:第158回社会保障審議会介護給付費分科会資料

a:166 t:2 y:0