ご相談内容

株式会社や合同会社など、どれを選んだらいいのでしょうか? 伊丹市 30代女性

法人の形態には、株式会社、合同会社などがあると聞いたのですが、介護事業を始めるのにどの法人形態を選んだら良いか分かりません。教えていただけるでしょうか?

答え

まず、5つの法人形態について比較した、下の表を見てください。

株式会社合同会社一般社団法人一般財団法人NPO法人
設立手続設立登記のみ設立登記のみ設立登記のみ設立登記のみ所轄庁の認証後、設立登記
設立時に必要な資産1円以上1円以上不要300万円以上不要
設立時に必要な人員1人以上1人以上2人以上7人以上10人以上
理事の数該当なし該当なし1人以上(非営利型は3人以上)3人以上3人以上
所轄庁なしなしなしなし都道府県又は指定都市

上の法人形態のうち、今人気がありオススメなのが、合同会社と一般社団法人です。

以前、人気のあったNPO法人(特定非営利活動法人)は、設立までに時間がかかる(半年程度)ことや、所轄庁の認証、監督、決算関係書類の提出などから、今では以前ほど人気がなくなりました。

株式会社は、有名な大会社と同じ法人形態ですし、合同会社や一般社団法人に比べて、馴染みのある法人形態です。

この点を重視して、株式会社を選択される方もおられます。

株式会社のデメリットの一つとして、設立時の費用が20万円(公証人の認証手数料や登録免許税。ただし、電子定款にしなければ、別途印紙代4万円が必要。)と合同会社の設立時の費用約6万円と比べて高い点です。