今年を振り返って

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

今年を振り返ると、お陰様で顧問先は順調に増えたのですが、「辛抱」の年であったように思います。

「辛抱」「我慢」「忍耐」という言葉は、マイナスのイメージがありますが、必ずしもそうとは言えないと思います。

次のチャンスが来る前は、必ず「辛抱」「我慢」「忍耐」が必要です。

ここでジタバタすると、大きな怪我をして次のチャンスを掴みそこねることになります。

積極的に動かなければならないときと、じっと我慢すべきときと見極めが大切です。

私は、今年はじっと我慢すべきときと判断し、時間が過ぎるのを待ちました。

勿論、まったく何もしなかったわけではなく、良くなるような対策は取りましたが、短期的ではなく中長期的・大局的な判断で行動しました。

しんどい年でした。

こんな年もあります。

こんな時に、慌てて感情的になると必ず失敗すると経験から分かっていたので、今は焦らず我慢するときと辛抱しました。

結果は、いずれも我慢する期間が数ヵ月かかりましたが、すべて良い方向に向かっています。

私の性格の欠点は、あまりこだわらないことにあります。

このためストレスをためて、たとえば悩んで眠れないということはありません。

積極的に出るときと我慢するとき、この判断を間違えると結果は最悪になります。

私も何度か、それで失敗したことがあります。(笑い)

今回はそれを教訓にしています。



松本昌晴税理士事務所
大阪の税理士
a:1728 t:1 y:0

松本会計メルマガ登録

下記のすべてをご入力いただき、「確認」ボタンを押してください。

姓 * 名 *  
メールアドレス *

*は必須入力です