銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行員が飛び込み営業に来たらチャンス~

こんにちは。大阪の介護専門税理士に松本昌晴です。

銀行員の飛び込み営業は通常の事業と同じで、銀行としては「とりあえず残高がほしい」とか、「収益に目をつぶってでも、取引をしてほしい」ということで行います。

したがって、もし銀行員が飛び込み営業に来たら、忙しいと追い返さずに飛び込み営業をしている銀行員にご提案いただくことが、競い合わせる出発点として非常に適切です。

飛び込み営業の銀行員に有利な条件を一つでも引き出す

飛び込み営業の銀行員が、金利や手数料の引き下げに一つでも応じてくれた場合、他の銀行の担当者にアピールできます。

例えば、○○銀行は金利や手数料を引き下げたということが、他の銀行にも伝われば、自分たちもOKしないと取引が切れてしまうかもしれないという危機感になります。

これは、銀行の担当者が稟議を書くのに一番便利なことです。

したがって、他の銀行の担当者にアピールすることは、怒られることではなく担当者を救うことにもなります。

だからこそ、飛び込み営業は大チャンスなのです。

一つでもOKしてくれるところがあれば、それを皮切りにしてすべての取引銀行に、その話をすることはOKです。

銀行はお金の仕入れ先と考える

ものを仕入れるとき、1円でも安くなるように交渉するはずです。

なぜなら、仕入れは1回限りということもありますが、多くは継続して仕入れるため1円でも単価を安くすることによって影響額も大きくなるからです。

銀行の融資も同じです。

毎月返済は続きますから、金利を少しでも下げれば、その後の返済もすべて安くなります。

たとえ、数百円数千円の世界であろうとも、一つでも達成することで、金利が下がったとか、メインバンクがやる気を出して新規の融資を有利な条件で出してくれたときは、それによっていくらの改善になって売上に割り戻していくらになるかを知ることが大事です。

それを知ると、どんな小さな成功でもあったとしても、それがどれだけ会社の経営に良くなるかということを知ることが、次につながっていきます。

例えば、5,000万円の融資で、金利が年利で0.5%安くなった場合、
年間で金利の支払いが、25万円(=5,000万円×0.5%)少なくなります。

この25万円は、利益率が2%の会社であれば、1,250万円(=25万円÷2%)の売上に相当し、利益率5%の会社であれば、500万円(25万円÷5%)の売上に相当します。

しかも、返済が進めば金利の支払いも少なくなり、売上に換算する金額も少なくなりますが、返済が終わるまで続きますので、その効果は単年度だけでなく複数年に及びます。

銀行とは対等に渡り合うこと、またお金の仕入れ先として競わせることが会社のためになります。

このブログに関連する記事

銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~まずは銀行の現状を知ること~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行にいかにして適切な収益を提供できるか~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~武器になる振込件数や振込入金件数~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~逆に金利を上げて手数料を下げる交渉もあり~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~一行取引にメリットはない競わせることはOK~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行員のプライドに配慮すること~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行員が動かざるを得ない状況にする~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行に競わせるための話法~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~いまの銀行との関係を見直す~



a:1529 t:1 y:0