銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~いまの銀行との関係を見直す~

こんにちは。大阪の介護専門税理士に松本昌晴です。

いま取引している銀行の関係を確認し、問題点があれば競い合わせながら、こちらに有利な条件を引き出します。

メインバンクのシェアの確認

まず、経営者の皆様は、メインバンクのシェアを確認して下さい。

メインバンクとは、融資残高合計の70%以上を占めている銀行です。

そのメインバンクが信用金庫や信用組合であるならば、今の会社の財務内容と今後の資金計画上問題がなければ当面は良いかもしれないが、売上拡大で運転資金が増えるならば、いつまでも信用金庫や信用組合に頼ってはいけません。

担保状況の確認

次に担保状況を確認して下さい。

おおむね、土地の市場評価額の7割を銀行は担保価額とみます。

保証協会については、商品によって100%保証であったり70%保証であったりします。

その担保価額を除いた無担保として換算される金額がいくらはいくらか確認してください。

メインバンクが融資残高が大きいからと言って、本当にメインなのか?

信用取引、無担保融資ということでリスクをとっていないメインバンクになっていないか確認します。

問題があれば銀行を積極的に競わせます。

むしろ銀行を競わせるということは、ギャップがあったときに是正させるものです。

そして、銀行に対してメリットを出せる収益(振込件数、入金件数、個人取引)があるかを確認します。

このブログに関連する記事

銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~まずは銀行の現状を知ること~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行にいかにして適切な収益を提供できるか~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~武器になる振込件数や振込入金件数~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~逆に金利を上げて手数料を下げる交渉もあり~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~一行取引にメリットはない競わせることはOK~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行員のプライドに配慮すること~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行員が動かざるを得ない状況にする~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行に競わせるための話法~
銀行から有利な条件を引き出すためのテクニック~銀行員が飛び込み営業に来たらチャンス~



a:1155 t:1 y:0