「共生型サービス」の加算に、地域貢献活動を要件に加えた趣旨

クリックして下さい。
     ↓↓↓
画像の説明

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

指定介護保険事業所であれば、障害福祉の居宅介護、生活介護、短期入所等の指定を受け易くする特例(「共生型サービス」)が設けられました。

報酬については、障害福祉の人員基準等を満たしていないので、本来の報酬より低い単位数が設定されます。

ただし、サービス管理責任者等を配置し、かつ地域に貢献する活動(例えば地域交流の場の提供等)を実施している場合は、加算として評価されることになります。

地域共生社会の実現のために加算の要件に加えられています。

地域に貢献する活動をすることを要件に加えた趣旨

すなわち、専門職を配置した上で、地域に貢献する活動をすることを要件に加えた趣旨は、利益を優先する一部の業者が利用者を囲い込んでしまえば、地域共生社会の実現という理念に反することになるからです。

地域に貢献する活動とは、具体的に

  • 地域の方が参加できる祭りの開催
  • 保育園児との交流
  • 地域住民が参加できる健康教室等を開催
  • 地域住民が利用できるカフェや食堂等を設ける
  • ボランティアを受け入れる

など、開かれたサービスを提供をするのが「共生型サービス」であり、決してハードルが高いものではありません。

【実践例】

画像の説明
画像の説明

出典:地域包括ケアの深化・地域共生社会の実現

a:1799 t:1 y:0