平成30年度介護報酬改定における「医療と介護におけるリハビリテーション計画の様式の見直し等」

クリックして下さい。
     ↓↓↓
画像の説明

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

平成30年度介護報酬改定の基本的な考え方の一つに「地域包括ケアシステムの推進」があります。

今回は「地域包括ケアシステムの推進」のために、平成30年度介護報酬改定において織り込まれた「医療と介護におけるリハビリテーション計画の様式の見直し等」についてご紹介します。

平成30年度介護報酬改定の基本的な考え方

画像の説明

医療保険からのスムーズな介護保険への移行

医療保険の疾患別リハビリテーションの計画書は、介護保険のリハビリテーション事業所でも作成します。

医療保険のリハビリテーション計画書を介護保険のリハビリテーション事業所でも活用できるようになれば、医療保険からのスムーズな介護保険への移行につながります。

そこで、今回の介護報酬改定では、介護保険のリハビリテーションの計画書等の様式や取り扱いが見直されることになりました。

具体的には、次の通りです。

医療と介護におけるリハビリテーション計画の様式の見直し等

【訪問リハビリテーション】
画像の説明

出典:第158回社会保障審議会介護給付費分科会資料

【通所リハビリテーション】
画像の説明

出典:第158回社会保障審議会介護給付費分科会資料

a:381 t:1 y:1