特定処遇改善加算の見える化要件【音声動画+テキスト】

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

動画



今すぐクリック! ↓↓↓
開業支援のお問い合わせはこちらから



a:139 t:4 y:3





今年の10月から新たに創設される特定処遇改善加算、この取得要件の3つめのところに、介護職員処遇改善加算に基づく取り組みについてホームページへの掲載等を通じた見える化を行なっていること、ということが要件に加えられています。

そこでこれについて少し見ていきたいと思います。

処遇改善加算の全体イメージ

出典:第75回社会保障審議会介護保険部会資料

特定処遇改善加算に基づく取り組みについてホームページの掲載等によって見える化するということが要件になっていますが、具体的には介護サービスの情報公開制度というのがありますので、これを活用して特定処遇改善加算の取得状況を報告するとか、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を記載するというようなことで対応するということになります。

情報公開制度の概要

出典:第169回社会保障審議会介護給付費分科会資料

この制度による報告の対象となっていない場合には、各事業所のホームページにおいて見える化して公表するということになります。

現行の情報公開制度においては、特定処遇改善加算の取り組み状況を報告するところはありませんけども、今後、たとえばこの提供サービスの内容といったところで、取得状況を報告するとか、ここの従業者に関するもの、このあたりで賃金改善以外の処遇改善に関する具体的な取り組み内容といったものをここに記載するというようなことが求められるのではないかと思われます。

以上で特定処遇改善加算の取得要件の1つである特定処遇改善加算の見える化についてご説明いたしました。




今すぐクリック! ↓↓↓
開業支援のお問い合わせはこちらから



a:139 t:4 y:3