介護業界の矛盾の一つ

こんにちは。大阪の介護専門税理士の松本昌晴です。

介護業界で矛盾の一つとして、介護福祉士でも初任者研修修了者でも介護報酬の単位は同じです。

従って、介護福祉士が掃除をしたり、洗濯をしたりしています。

また、初任者研修修了者が身体介護をすることがあります。

すなわち、介護福祉士も初任者研修修了者も、介護報酬では区別していません。

せいぜい時給が少し高かったり、月給が少し高いだけです。

介護福祉士に対する社会的な評価は低いと言えます。

医者や弁護士などは、その資格がないとできない業務があるので、社会的な評価も高いです。

しかし、介護福祉士でなければできないという仕事は少ないです。

介護福祉士の地位を高めないと、介護福祉士やろうと思う人は増えていきません。

これからは、介護福祉士しかできない業務が増え、介護報酬が上がっていくという仕組みに変えない限り、介護福祉士としての地位は上がりません。




a:1154 t:1 y:0